茶一筋「清水園」 お問い合わせ
FAXご注文書はこちら
ご注文について
ホーム 清水園のご案内 商品のご案内 季節のご案内 お茶の淹れ方 創作工房
HOME > 清水園のご案内 | ごあいさつ < 前のページへ戻る

清水園のご案内



ごあいさつ

清水園

お茶は心の架け橋・清水園はお客様とお茶との架け橋 ―創業の精身を忘れずに―

創業者である父は、創業の前は南満州鉄道(満鉄)調査部・総裁室に勤務しておりました。
趣味の将棋が得意だったらしく、全満での優勝経験もあり、当時の総裁・松岡洋右氏の将棋のお相手をよくしていたそうです。それから敗戦、引揚者として帰国後、戦後の混乱期のなかで、昭和二十一年(1946年)四月、現地(静岡市清水区)に店を持ちました。当初はお茶を一から知るべく各産地の山間を隈なく駆け巡り、茶業の研究者や農家の教えを請うていたようです。お茶とはどんな飲み物かを知る。ひと一倍研究熱心で生真面目、頑固一徹な父でありました。
  戦後誕生した(1948年生まれ)私の記憶には熱心に将棋版に向かう姿など皆無でした。そんな後姿(今立つ足元を見つめ、前に向かって歩む)に父の家族と茶業に向かう精神を見たような気がしました。それから私どもの時代になりました。
  茶業にも変えてはいけないもの(味へのこだわりと信用)と変えていかねばならないものがあります。生活様式や食生活の変化に対応した新しい模索の一つとして、全国に先駆けて開発したものが食べるお茶(グリーンアイズ)や創作茶筒でした。
  しかし飲み物の多様化、嗜好の変化の中で茶業の現状はますます前途厳しい中にあります。その中にあって、父の背後に見る(今立つ足元を見つめ、前に向かって歩む)そんな創業の精神を忘れずにいたいと思います。
有限会社清水園 代表取締役 金子高見


お茶

緑茶は昔から不老長寿の妙薬といわれますように、ビタミン・ミネラル等の豊富な天然飲料です。霧深い山間に育まれたその豊かなお茶の葉の持つ成分を十分引き出し楽しめるように、清水園独自のブレンドによってお作りしております。

「ブレンドは豊かな想像力によって生まれます。」

  清水園のお茶は静岡の二大産地である安倍川上流の本山、大井川上流の川根を主産地にしています。お茶は川筋の気象条件や豊かな土壌そして、熱心な生産農家によって育てられます。
  それぞれの土地で生まれた緑茶の個性を、より調和のとれた美味しいお茶に仕立てることがブレンドです。ブレンドはかけがえのない出会いといってもいいでしょう。

このページのトップへ

茶一筋「清水園」 〒424-0816静岡県静岡市清水区真砂町2-15 tel.054-366-5582 fax.054-366-5559

Copyright© Shimizuen co.,ltd. All Rights Reserved.